大和屋文庫

読書ノートを作る手順と読書ノートがもたらす多くの効果。作り込んだ読書ノートはもはや作品となる

16731 Views

この記事は約 6 分で読めます。

スポンサードリンク



PAK86 penwomotutetonote20140312600 どうも、@yamato72_です。

本を読むんですけど、読みっぱなしだともったいないな、と思いたち「読書ノート」をとり始めたんですが、コレがなかなかいい具合なので紹介します。

読書ノートを簡単に作るために実践したい3つのステップ | シンプルデイズ




読書ノートをとろうと考えたきっかけはこちらのブログ記事。

簡単に読書ノートを作成する手順が紹介されているので一読をお勧めします。

で、僕なりの手順を書きながら、効果を紹介していきましょう。

手順1.読みながら赤線を引く


読んでいる本の、心に引っかかった文に赤線を引きます。

赤線は「大人の鉛筆(赤)」を使っています。

北星鉛筆 大人の鉛筆 彩 芯削りセット 茜色 OTP-680MST
by カエレバ

シャーペンのように芯を押し出すことが出来、削る必要がなく使いやすい鉛筆です。

後述しますが、引いた線の箇所をノートに転記します。が、ここでは後から読書ノートに転記するのが面倒だとか考えずにどんどん引いていきます。心のままに。

手順2.赤線の箇所に付箋を貼る


赤線が引かれたページに、後から振り返りやすいように付箋を貼っていきます。

カンミ堂 ココフセンカード カラーM CF-5001
by カエレバ

貼る付箋はどんなものでもかまいませんが、できれば付箋自体が透明で、文字を邪魔しないものがいいでしょう。ここでも数を気にせずにどんどん貼っていきましょう。惜しげもなく。

手順3.読み終わったら赤線だけ追ってノートに手書きで転記


赤線の箇所をノートに写していきます。

使用するノートもこれまた何でもいいですが、
  • ある程度ページ数が多い
  • 保存がきく
  • 読書ノートを作っているというプレミアム感が出る

という点を考慮すると、モレスキンがいいと思います。

MOLESKINE モレスキン ルールドノートブック・横罫・ラージ ([文具])
by カエレバ

読書ノートは一度作ってしまいさえすれば、ずっとあなたの手元にあります。

それを考えると、ぺらぺらのノートではもったいない。いつまでも本棚の片隅にあって、折に触れて読み返すことが出来る読書ノート、そんなんあったら素敵だと思いませんか?

さて、ノートに転記していくわけですが、ここできっと感じることがあると思います。

「赤線、多いな!」

大体において、心のままに引いていくと赤線・付箋が膨大になりがちです。

なので、転記の段階である程度転記に値するかを選別していきます。

「この文章は本当に読書ノートに残す必要があるか?」

これを問いかけながらもう一度赤線の箇所を追っていってください。

再度選別することで、さらなる文章のブラッシュアップが出来るし、書き写す量も減るかもしれないと一石二鳥。ただし! 「この文章は結構長いけど、ちゃんと残しておきたい」と感じた文章は全部書き写していきましょう! たとえ転記の手間があっても、心の琴線にかかったその文章はきっとあとから宝になるはずです。

さてさて、これで1冊分の読書ノートの作成は完了です。

「転記する」という部分がかなりの手間だとお思いの方も多いと思います。

しかしここであえて手書きで書き写すことで、多々の素敵な効果が発生します。

効果1.後から振り返ることが出来る


「手書き」でノートを作ることのメリットは、ノートごと丸ごと振り返ることができる点です。

出来上がった読書ノートは、蓄積されればされるほど情報量が増えていきます。

これを暇な時にでも読み返す。デジタルでもそれは可能ですが、ノートにしてしまうことでデジタルより多少携帯性では劣るものの、ノートを開くというハードルは格段に低い。

さらにはある部分をめがけて読んでいても、他の箇所が目に入ってきて新たな発見があるかもしれないという効果があります。これは一つの情報のみ読めてしまうデジタルではないアナログ故の特権です。

効果2.文章が「自分の言葉」のように錯覚する


一度、「自分の手で書き写す」という行為。

これを行うことで本に書かれている立派な文章が、「自分の字」で「自分のノート」に落とし込まれます。

するとどうでしょう。次に読書ノートを読んだときに「これは本の言葉ではなく自分の中からでた言葉ではないか?」と錯覚するような感覚になります。

これは是非やってみてほしいのですが、本の文章でも自分の字で書かれていることで、振り返った時にストンと胃の腑に落ちるのです。本の内容の、よりいっそうの理解に役立ちます。

しかも、読書ノートに書かれているのは、読んだときにあなたが重要だと思って赤線を引いた箇所。本のいいところだけをより理解することが出来るというわけです。

読書ノートの素敵なところ


まずもって、「本が読みっぱなしにならない」ということです。

一回目:赤線引きながら読む

二回目:赤線追って転記しながら読む

これだけで、二回は同じ本を読んでいます。

さらには三回目以降、読書ノートを読むだけで「重要だと思った箇所」を振り返ることが出来る。一回目よりも各段に短い時間で本の振り返りが出来ます。

さらに素敵なのは、「自分だけの知の蓄積が出来る」というところ。

読書ノートをどんどんと蓄積していき、十冊分、二十冊分……と情報がたまっていけば、それはあなたが重要だと思った文章が蓄積された、もはや一冊の本です。

世の中に数多本はあれど、この本程あなたの役に立つ本はないはずです。

なぜなら、自分が自分のために作って編集したいわばあなた専用の本なのですから。

そして最後の手順。

手順4.読書ノートにも赤線を引いていく


これ大事。

読書ノートを読み返していくと、気づくことがあるはずです。

「あれ、ここで書かれている部分、ほかのこの部分と一緒だな」

「最初に読んだ時は気がつかなかったけど、この文章はこういうことを言っているんじゃないか?」

いろいろと発見があります。全然別の本と本で共通している部分があったり、または真逆のことをいっていたり。あるいは別の文章から、ある文章が補足されたり。

読書ノートは新たな発見を多くもたらしてくれます。

その発見をもたらしてくれるのに、何度も何度も再読する必要はないわけです。なぜなら既に読書ノートという一冊の本にまとまっているわけですから。

読書ノートを読み返し、発見があった場所に再び赤線や、気づいたことや考えたことを赤文字で書いていきます。

今まで他人の文章が書かれているのみだった読書ノートに、「あなたの考え」を書いていくわけです。

そうすることでより読書ノートは洗練されていきます。単に重要な箇所をまとめたばかりでなくあなたの考えや発見が加わったノートが出来上がっていきます。これはもう財産ですね。財産です。素敵この上ないです。

最初に、重要な箇所をまとめた読書ノートは、いわば「編集物」あなたがあなたのために、あなたの手で編集した本です。

そこにあなたの考えを書き加えていけば、それはもうあなたの作品といっても過言ではないのではないでしょうか。

スポンサードリンク

もっと読んでほしいから!RSS登録/SNSフォロー

Facebookでコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">



è